神田なう logo 神田なう logo 神田なう 神田を盛り上げる情報メディア

神田鍛冶町「175°DENO担担麺」カップ麺にもなった究極の担々麺!

602 View

「175°DENO担担麺」由来は究極自家製ラー油を作るときの温度


「175°DENO担担麺」
変わった店名ですが、何も考えずそのままの読みでOK。
「ヒャクナナジュウゴド デノタンタンメン」

170°…究極自家製ラー油を作るときの温度
DENO …デノさんが創業

ということで、意味を知ればなるほどなネーミング。
北海道で創業ということですが、東京にも銀座、新宿、神田、本郷で展開されています。

全国級の人気「175°DENO担担麺」コンビニ店でカップ麺も発売してます!

さっそく入店…の前に!お店に飾ってあったのがコチラ。

DENO人気は全国級のようで、全国でカップ麺が発売されているんです!すごい!(ファミリーマートでお買い求め可能だそう)

そんな人気店の味が近場で味わえるのは嬉しいですね~♪やっぱり神田のランチは充実してます!

内観は、外観と対比的に淡いカラーリングでスッキリした印象。カウンター席のみで、一席ごとにきちんとついたてがしてあります。

こちらの券売機で事前にお会計します。

ハキハキ元気な店員さん、店内のポップが手書きでかわいい!

店内のポップも手書きでとても可愛いんです。

お料理を待つ間、スマホをいじるばかりではなく、お店のことを知れるのも楽しかったりしますよね。

DENOのスタッフさんは皆ハキハキしていて、注文が通ったときも、来店退店時も元気に爽やかな挨拶!雑談にも付き合ってくれますし、常連さんには「いつもので良いですか?」と注文前に聞いてくれるんです。

ランチってスタッフさんとお客さんの触れ合いは少ないですし、食べにきて、サッと帰りたい方もいますよね。会話だけでない気遣いにも、お客さんへの愛を感じますね~。

本日は「汁なし担々麺、辛さ痺れ2」+「水菜トッピング」

本日は「汁なし担々麺、辛さ痺れ2」+「水菜トッピング」

DENOさんはLINEのお友達追加でクーポンを送ってくれていて、何度も訪問している私はもちろんお友達追加済み。

今回はトッピング1つ無料クーポンが届いたので、水菜を追加してみました♪(挽肉、温玉、ナッツ、パクチーも選べます)

大きな白い器に赤が映える!このラー油、店主のデノさんが本場四川省で買い付けた香辛料の自家製ラー油なんだそう。

挽肉、カシューナッツ、干し海老、水菜が盛り付けられています。

ガツンとラー油とゴマダレの旨味「汁なし担々麺」タレがしみた挽肉にもちっと平打ち麺

汁なし担々麺には欠かせない、麺とゴマダレ・ラー油を混ぜる作業ですが、茹でた麺がそのままポンとお皿に入っているのではなく、既に満遍なく混ぜられていました!

すばらしいっ!!!!お腹ペコペコのランチ前、このお店のひと手間はありがたいですね。あとは自分で盛り付けを混ぜ込めば完成!

口に入れてすぐに、ラー油とゴマダレの強い旨味。もちっとした平打ち麺は、タレがよく馴染みます。

ひとくち、またひとくち食べ進めていくと、タレがしみた挽肉、甘みのある海老、シャキっと新鮮な水菜、代わる代わる味わえて飽きません。

辛いだけじゃない!コクと旨味のある「自家製ラー油」が決め手

「2辛」にしましたが割と辛さ控えめなので、卓上の自家製ラー油を追加!
お、おいしい~(感涙)

やっぱり味の決め手は自家製ラー油なんですね!ただ辛いだけじゃなく、コクがあるというか…旨味がしっかりしています。

山椒の痺れも、取ってつけたような押しつけがましさがなく、後味でピリッと効かせてくれています。細かいことは分からないながら、「上手いな~」と感じさせる担々麺。

麻婆が飲み物になる…「麻婆麺」


ちなみに麻婆麺はこんな感じ。

先日まで期間限定でしたが、好評につき定番として並んだそう。同じ職場の方が注文し、「麻婆が飲み物になる…」と感動しながらスープまで飲んでいました(笑)


カウンターテーブルに置いてある調味料はこちら。味変も心置きなく。
辛さ・痺れが効く!というときお酢があるのはありがたい!

糖質50パーセントOFFの麺、カロリーを気にせず心置きなく楽しめます♪


そして最後にオススメしたいのがこの糖質50パーセントOFFの麺です。これは珍しいですよね!

汁なし担々麺といえば、ラーメン等に比べて多少カロリーが高くなるのが気になるところですが、こちらを利用することで心置きなく楽しむことができますね。

定番メニューが大体900円なので、100円追加でちょうど1,000円。価格にも無理なく、糖質に気を付けてで美味しいものを食べたい需要、絶対多いです!
痒いところに手が届きます。

以上、【神田鍛冶町「175°DENO担担麺」カップ麺にもなった究極の担々麺!】の紹介でした。

Information

店名 175°DENO担担麺 神田駅北口店
営業時間 【新型コロナウイルスの影響による臨時営業時間】
11:30~22:00
(15:00~17:00クローズ)

※新型コロナウイルスの感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

定休日 定休日なし
所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3-3-2 神田小鍛冶ビル1F
GoogleMapで見る↗
交通情報 銀座線 神田駅4番出入口 徒歩0秒
JR神田駅北口      徒歩1分
都営新宿線 小川町駅   徒歩5分
都営新宿線 岩本町    徒歩5分
丸ノ内線 淡路町     徒歩5分
駐車場の有無 駐車場なし
電話番号 03-6260-9777
支払方法 現金
禁煙・喫煙 禁煙
個室の有無 個室なし
お店のHP https://www.175.co.jp/
その他

神田鍛冶町「175°DENO担担麺」カップ麺にもなった究極の担々麺!のまとめ

  • ・アクセス:
  • ・接客:
  • ・旨味:
  • ・辛さ:
  • ・清潔さ:

※雰囲気や内容、感じ方は人それぞれであり、訪問のタイミングで異なります。
メニュー内容や価格、営業時間なども異なる場合もありますので予めご了承ください。訪問の際は、公式情報の事前確認もあわせておすすめします。
※情報が誤っているなどございましたら こちらから お問い合わせください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

スイ村さん

スイーツに目がない系女子

記事を検索

トップへ戻る